おんぼろ屋

店主のおんぼろが綴る、お金をかけずに手間隙かける、愉しいおんぼろ暮らしの様子です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛乳瓶のふたバッヂ作り方

息子がインフルエンザにかかり…。
想定外に時間ができたので、
牛乳瓶のふたバッヂの作り方を紹介します。

まず材料はこちら。

1.イラストを印刷した紙。
デザインは無料素材のパンダに本を持たせる加工を。
図書委員さんに、まーるく切ってもらいました。

2.裏面用フエルト
牛乳瓶のふたサイズにフエルトを切って、
ポンチで二つ穴を開け、安全ピンを通してから、
両面テープを貼ってあります。
フエルトのカットと穴開け以外は、図書委員さんのお仕事。

3.ブックコート
図書館の必需品、ブックコートという透明のフィルムです。
そのブックコートを牛乳瓶のふたよりちょっと大きめに切ったものです。
本の装備で出た、はぎれコートを使ってます。

4.牛乳瓶のふた
給食時に6年生の皆さんにご協力頂きました。
給食の牛乳が瓶の地域って限られるみたいですね。
ちなみに、長野県は約95%が瓶。


まずは、牛乳瓶のふたの飛び出たところ。
取っ手?を切り落とします。
その前に、ふたは洗って乾かしておいてね。


牛乳瓶のふたに、パンダの紙を仮止め。
動かない程度に軽くね。


上からブックコートを貼ります。
細かく切れ目を入れるのがコツ。
切れ目を一つずつ牛乳瓶のふたのアールに沿って貼り付けていきます。


表はこんな感じ。


裏はこんな感じ。


裏にフエルトを貼り付けて完成。

…作り方を紹介するほどでも無かった…かな(^_^;)


おんぼろ。

Comments

ブックコートかぁ!!!! 
いやぁ完成度高いと思ったら、ブックコートを使用されていたんですね。って言いますか、ブックコートって言うんですか!あの透明フィルム・・・。ブックコートにすごく憧れていて、自分が長く使うノートとかに貼ってみたいけど、値段が高いイメージが。(涙)学校の図書館なら、大量に購入できるので単価が下がるのもしれませんね???


推薦図書の封筒のお話、大変参考になりました。今後も、購入はせず、せっせと市立図書館に通いたいと思います。子供に買っても読みませんしね・・・。

大人の本も年間で換算すれば120冊は超えているはずなので、マイスターにしてもらえませんか?毎晩の読み聞かせも続けています!!
今更ですいません! 
ブックコートっていうんです。
あれ、一巻(幅にもよりますが)5000円~です。安くは無いですよね…。
自分用に買おうとは思ったことないですが。

120冊!
ばっちり図書館マイスターに認定です!

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

おんぼろ

Author:おんぼろ
お金をかけずに手間隙掛けて、
おんぼろ品を愛でる、
そんな愉しいおんぼろ暮らしをしています。

検索フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。